おな電lineの上手な使い方

さりげなく持っていくことが大事

投稿日:

リアルなセックスの場合、いきなり始めることに抵抗を感じる女性はたくさんいます。
相手がその気になるまで雰囲気を盛り上げることが必要ですよね。
おな電も同じです。

いくらおな電をするつもりでいても、電話口でいきなり始められたら気持ちが萎えたりその気がなくなることもあるでしょう。

ましてや相手がどんな男性かもわからない状態ならなおさらです。
したがって、まずは自己紹介や世間話などで相手が打ち解けるのを待つことが大切です。
すぐにでもプレイしたい気持ちはわかりますが、ガツガツとエッチな気持ち丸出しで話すのはNGです。

あくまでも紳士的で明るく振る舞いましょう。
焦る必要ありません。
お互いにおな電をするつもりであるからこそ電話で話をしているのですから、あとはその場の雰囲気を作り上げていくだけです。
プレイを始めるときも「さあ、これからおな電を開始しましょう」といった感じではなく自然な流れに任せて、気がついたらプレイが始まっていたと思わせるようなアプローチが好ましいです。

プレイが始まったならあとは相手の反応によってソフトにするかハードに攻めるかを判断すればOKです。
おな電もリアルなセックスもアプローチの段階は同じであることを忘れないようにしましょう。

-おな電lineの上手な使い方

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした